HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




薪割りをスポーツと思えるか
移住を決めたとき、いくつかの冒険をしてみようと思い立ちました。都会ではなかなか実現できなさそうな冒険。

そのうちのひとつが薪(まき)ストーブです。都会のマンションを転々としてきた私にとって、知人から時々借りて体験していた、リゾートマンションでの薪ストーブ。その時からの憧れもあって、田舎暮らしを始めるにあたって、まずは薪ストーブを入れようと心に決めていました。

薪ストーブを導入するのは、新築ですから簡単でした。はじめから設計に組み入れてもらえば、あとはお金を用意するだけです。しかし、薪を用意するのも、お金にモノを言わせて、っていうんじゃ、ツマラナイ。薪を自分自身の手で用意するっていうのが、田舎暮らしの醍醐味ってもんです。

薪を用意するといっても、普通は木を買って斧(おの)で割るということになると思うんですが、私は、木を伐るところからすべて自分の手で体験してみたかったのです。

チェンソーを使うぐらいでは、たいした仕事量ではありません。その後の作業が重労働なのです。乾いていない生木を担いで林を抜け、車に積み、そして降ろす。10トン近い木を運んだでしょうか? まるで神輿を担いだときにできるタコのようなものが両肩にできてしまいました。

薪割り

そして、最後に薪を割らなければなりません。木という奴は一筋縄ではいかないものが意外に多いものです。節があったり、瘤があったり、ねじれていたり、で結局ほとんどの木が一発では割れない。竹を割るときにも経験していたんですが、「竹を割ったような」なんていう表現は、あれは嘘ッパチです。実にひねくれていて、少し気を抜くと、どんどん曲がって割れてしまったり。

でも、この薪割り、一発でスパッと割れたときの爽快感は実に楽しいことこのうえない。夏の作業としては厳しいのですが、春か秋の快適な気候の時にやるには、とても良い運動になります。この薪割りを労働としてとらえると、ひたすら重労働ですが、スポーツと思えば、自分のペースでのんびりと、楽しみながらやれば、日頃の運動不足解消にも、ストレス解消にも、暖房コストの削減にもなり、良いことづくめです。
| 引っ越し | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
新築登記
登記。たいてい家を新築すると登記するものなんでしょうね。法律ではしなさいとなっているとは思うんですが、しなくったって罰則もなければ、不都合もあまりない。ただ何となく自分のモノだよ〜って、旗を立てたがるのが人間の心情でしょ。

というわけで登記しよ。さて、新築の場合、家屋調査士さんに頼むことになる。新築以外の場合、中古物件、土地購入などの場合は、司法書士さんに頼む。しかし、なんだか自分でも出来そう。借金で家を建てる場合、抵当権の設定なんかは、たしか自分では出来ないので注意。書類さえ書けば法務局へ持っていくだけのこと。会社関連の登記の用事で法務局へ出向いたことがあった。しかし色々な人からおどかされた。自分でやるのは難しいから頼んでしまったほうが良いんじゃない? って。

ネットでちょっと検索してみた。ん〜、やっぱり出来そうな気がする。最近、どうやらオンラインから登記申請が出来るようになったらしい。業者はこれを使って手間暇を減らし手数料を下げてくれれば、やっぱり頼んだほうが良いか。でも値下げはあまりしないのかな? このオンライン、これはどう見ても素人向けではなさそうである。説明書きには一般の人にも、忙しくてなかなか出向けない人にも、というような感じのニュアンスですが、初めてのものにとっては、ややハードルが高い。

そこで自分なりに資料を作り、まずは法務局に相談に行こう。法務局には相談窓口があって、こちらが理解できるまで大変親切に何でも教えてくれる。そこで持参した資料等を見せ、具体的に何が足らなくて、どこをどう直してというアドバイスをもらった。な〜んだやっぱり簡単だ。図面なんかも複雑に緻密に書きすぎていた。もっと簡単で良かったんだなんて、時間のムダをしてしまった・・・。

今回やろうとしている登記は、まず家屋の「表題登記」。そのあと「所有権保存登記」。そしてついでだったので、土地の所有者住所の変更。まず住所変更は、はじめの相談で一発OK、終了。「表題登記」が、たぶん難関だったのだろうけど、実は簡単なのだ。土地の形、家の形と大きさ、隣接地から家屋までの距離を計測して1/500の縮尺で図面に書く。また、各階の図面は設計図通りの寸法で、1/250の縮尺。これはさらに簡単、間取りは不要で、大きさがわかればよいというレベル。この2種類の図面を書けば、あとは申請書のみ。申請書はワープロでも手書きでもOK。図面はコンピュータのドロー系ソフト(お絵かきソフトなど)で書くと簡単だが、無ければもちろん手書きでも可。

さっそく図面を持っていくとあっさりOK。やっぱり簡単だ。つぎは保存登記。今度は最寄りの役場にも行かなきゃならない。新築であるということが証明されれば登録免許税が割引になるらしい。割引などどっちでも良いというのであれば、役場へ行くのは省略できる。まあ、とりあえずなにごとも経験。役場行って証明もらって、また法務局へ。保存登記もあっさりOK。

これで要領もわかった。次はもっと簡単だ。しかし、せっかくおぼえたところで、そう何度も新築なんてしないし・・・。それに、本人がやるぶんには不要だが、これを商売として請け負うには資格が必要らしいので、他の人のをやってあげるわけにもゆかぬ。お金をもらわなければよいのか・・・。

すべての登記関連が終わっての総括。法務局5回、役場2回。もし、はじめから揃えるものがわかっていれば、法務局3回、役場2回でできそう。ということは、実働3日もあれば出来るということ。登記を業者に頼むと、いくらぐらいかかるんだろうか。たぶん15〜20万円ぐらいだろうか。3日でそれぐらいの稼ぎがあるのなら業者に頼むべき。もし暇があったり、専業主婦の奥様の協力が得られるのだったら、または勉強のためと思えば、それほど苦にはならいでしょう。
| 引っ越し | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
引越ビンボウ
これで何度目の引越だろう。

考えてみたらずいぶんと引っ越しし、苦労してきたな〜。

生まれ故郷の神田神保町→新宿区弁天町→渋谷区幡ヶ谷→新宿区余丁町→文京区目白台→新宿区西早稲田→新宿区薬王寺町→新潟→北海道弟子屈町高栄→弟子屈町美留和。考えただけで息切れがする。そして、考えてみると、だんだんとビンボウになってきたような気もする。引越にかかる費用もけっこうなもので、特に新潟へ引っ越すときと新潟から北海道への時は大変だった。

これらの引越、ほとんどは自分で荷物を運んだ。考え方によってはそれがいけなかったのか。業者に頼んだ方が逆に安あがりだったかも知れない。文京区目白台から新宿区西早稲田への時には、仕事の関係で時間が作れず、業者に頼んだ。エレベーターの無いマンションの4階から、距離的には近いとはいえ、次のマンションの2階への引越。あっという間に終わって大変ありがたかった。確か3万円ポッキリだったと思う。逆にこんなに安くて恐縮してしまった記憶がある。仕事柄(当時の)、雑誌・書籍類だけでもハンパな量ではなかったから、エレベーター無しの引越はさぞかし大変だっただろう。引越屋さんのパワーには頭が下がる。

引越のたびに荷物を減らそうと、不要だろうと思われるものを処分する。引越荷物を少しでも減らそうとすることもあるし、引っ越し費用捻出のために泣く泣く手放したものもあった。過去の思い出までも手放すようで偲びがたかった。過去を振り返らず、未来に夢の道をひらく、みたいなことを言えばカッコはよいけれど。

間違いなく言えることは、引越は時間と労力のムダ。出来ることなら引越回数など減らしたほうが良いと思う。でも、また候、引越をくわだてようと思案中。つぎはいずこへ・・・。はてしない旅はつづく?
| 引っ越し | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日、ADSL開通しました
ネットは、実に2ヶ月ぶりとなります。この2ヶ月、誠にいろんな事がありすぎて、何から書いたら良いのか、思考が働きません。

とりあえず、家の設計(ラフスケッチ)を完成させなければならないので、細かい話は、あとまわしにしておきます。
| 引っ越し | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
1日で一般道を最高700キロ超は、さすがに疲れました
戻ってきました。実働7日で4000キロ超を走破。<パリダカなみ? 総移動距離(フェリー含む)は、5000キロ以上。さすがに疲れました。現在ちょっと喉が痛く、風邪気味かも・・・。

来週の中頃に、ここを引き払う予定です。北海道2往復では、いろいろなことがあり、いっぱい一杯みやげ話もあるのですが、また後の機会にでも・・・。とりあえず何とか無事に戻ってこられた報告まで。
| 引っ越し | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
いまから1週間音信不通になります
向こうに着いたら温泉にでものんびりとつかって。ついでに途中とちゅうで、観光気分で寄り道なんぞ。釣り道具も売るほどもっているし・・・。んなことは出来ないかな・・・?

すぐに遊びのことを考えてしまう悪い癖です。人は強く願うと、きっと叶えられるものですよね。でも前にも書いたかも知れませんが、イギリスにこんな言葉があります。

「金儲けや仕事の忙しさを理由に『釣り』をしないのは、人生の楽しみの大半を放棄している。」

「釣り」を「趣味」に言い換えても良いかと思います。要は「オン」と「オフ」のメリハリをつけつつ両方大事にって事だとも思います。
| 引っ越し | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
引越日程変更
連日の引越作業で心底疲れました。

昨日(土曜日)は、レンタカーを借りに行って、とんぼ返り。本日(日曜日)は、荷物を半分積んで「あきらめ」ました。そうなんです、半分なんです。想定の範囲内ですが、積みきれません。何でこんなに荷物が増えてしまったのか。<謎

そんなわけで、引越日程変更となりました。海兵隊よろしく「臨機応変」に、ということで、CIAよろしく「Bプラン」へと移行します。

あんまり緻密に予定がたてられなくなってきましたので、おおまかに。明日(月曜日)北海道へ向けて出発します。そして約1週間後に、また残りの半分の荷物を積み、北海道往復します。
| 引っ越し | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
引越日程決定(ほぼ)
今月の15日(月)から荷物を運びに行ってきます。そして、20日ごろ戻ってきて、23日から25日(いまのところ未定)ごろに東京へ向かいます。

もっとも無駄のない計画です。北海道へ行ってから東京へ戻るのではなく、東京へよってから北海道行きということにしました。

役所への転出・転入届けの関係で、ここを出てから北海道に行くまでの期間が2週間以内という制約が出来てしまいました。東京で「のんびり」も出来なくなってしまいました(役所での後日談・日付だけ替えればいいのでいつでも良かったんですよ、だって。あらら)。

お茶の水から秋葉原あたりの中古レコード屋さんをご存知のかたいたらお知らせ下さい。昔あったお店が今もやっているのか、まったくもって不明です。何か情報がありましたら、お知らせください。

もともと物心ついた頃からのアキバ系の私としては、東京を出る前に、お茶の水から秋葉原界隈を散策しておきたい。最近の「萌え〜」文化には、いささか「萎(な)え〜」ですが、「元祖(?)・アキバ系」の私としては、オーディオ(レコード)関連のお店を覗いておかなければな、ト、思っているしだいです。

たぶん北海道へ行ってしまえば、中古のレコードなんかを「見て買うこと」なんて出来ないでしょうから。この話を親父にしたら、親父も興味があるらしく、何となくいっしょに行きたがっているようで、「心に余裕」があったら、行ってみようかと考えています。
| 引っ越し | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
近いうちに引っ越します
ところで、表題のとおり、近いうちに引っ越しします。レンタカーの手配がつきしだいですので、まだ日にちまでは未定です。引っ越し先は、築32年ほどの中古民家で、座標でいうと、北緯 43度・・分・・秒 東経 144度・・分・・秒ということです。

ちなみに、モナコも北緯43度ぐらいなんですよ。知ってました? でも気候のせいでモナコのほうが暖かですね。アメリカでいうと、ニューヨークのちょっと北、ボストンあたりでしょうか。
| 引っ越し | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴィッツ恐るべし
北海道は東京よりも暖かかったです。それにしてもここは寒い(暖房してないんであたりまえですが)。

北海道の室内は常に25度前後。聞いたところによると、公共の場で23度以下だと苦情が出るとか。クルマの中も飛行機もたぶんそのぐらい。もちろん外はそれなりには寒いんですが、陽が出てさえいれば寒さは、ほとんど感じませんでした。

ウワサには聞いていましたが、本当に北海道の人は寒がりなようで、なんだか必要以上に暖房をガンガンきかせる習慣があるようです。北海道の人が東京へ行くと風邪をひくともいいます。

さて、家の建築関係のほうですが、やや先へのびそうな気配です。情況が変われば計画も臨機応変に、とりあえず、借りられそうな空き家を探してもらうことにしました。引っ越しは、雪解け後(4月から5月頃の連休を避けて)に予定(未定)。

少し前置きが長くなりました。ここからが、きょうの本題。今回、北海道を巡る際にトヨタレンタカーで「ヴィッツ」を借りたんですが、これがスゴイ燃費が良いんですね〜。1000キロほど走って、燃料50リッター。つまりリッターあたり20キロ走る! これは最新の軽自動車でもかなわないのでは?

山あり谷あり、地吹雪あり、圧雪アイスバーンあり、何でもアリのハードな使い方だったのに、20キロにはビックリ。燃料を満タンにすると800キロ以上も走れる、という計算になります。チョイ乗り&長距離用として、最新のコンパクトカーってのも、アリかな、なんて考えさせられる旅でした。
| 引っ越し | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ