HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< 雪すくないです@道東 | main | 北海道 フィッシング ガイド:北海道ガイドツアーズからのご案内 >>
北海道 フライフィッシング・ガイドサービスの季節別オススメの釣り
3月中旬〜4月頃オススメの釣り
シーラン・ブラウントラウト。ハンパじゃないパワーで数百メートル共に走った
 道東の各河川では氷がなくなりしだい、釣りシーズンのスタートです。各河川の下流部でまずはネイティブなアメマスの季節が到来します。うまくポイントにはまれば良型の数釣りが楽しめます。釣り方もサケ稚魚のストリーマー、ウエットフライ、水面がらみのユスリカ、スカッドなどを使ったルースニングと様々な釣り方で楽しむことができます。この釣りは、およそ5月頃まで楽しめます。
 4月中旬頃から屈斜路湖の氷がなくなり、大型狙いのチャンスです。湖の釣りは、常に風が吹くものと想定したタックル選びが重要です。


5月オススメの釣り
阿寒湖のサクラマス。アメマスとは違った感触もまた楽しい
 5月中旬から気温も水温も上がり、様々な水生昆虫がハッチしはじめます。コカゲロウ類がハッチしはじめると、本格的なドライフライのシーズンの訪れです。北海道ではちょうどこの頃、桜が咲き始めます。また、天候によっては気温も水温も変動が激しいので、注意が必要です。天気を見て、ハッチの状況を読むのが釣果アップのポイントになります。ビッグレインボーはケタ違いのスピードとパワー。これがドライフライで釣れるのが北海道のパワー
 阿寒湖、阿寒川の解禁は5月1日です。阿寒湖では5月の中旬からが狙い目です。ユスリカや小型のカディスがらみの釣りが楽しいです。
 河川でのサクラマスは全面禁漁です。もし掛かっても出来るだけすみやかに優しくリリースしてください。


6月オススメの釣り
世代交代を繰り返す野生のレインボートラウトとドライフライで遊ぶ
 水生昆虫のハッチが本格的になり、ボケッとしていると吸い込んでしまうので注意しましょう。ドライフライでもウェットフライでも好きな釣り方で思う存分楽しめる時期です。特に暗くなってからヒゲナガのスーパーハッチに出会うと、レインボーのドルフィンジャンプのような豪快なライズが見られます。着水前のフライへ飛びつく姿は痛快。人の少ないポイントを探してさまよった阿寒湖でも、その甲斐あって見事にキャッチ
 屈斜路湖でモンカゲロウのハッチが始まり、つづいて阿寒湖でもハッチしはじめます。モンカゲロウのスーパーハッチにうまくあたれば、まさに夢のような光景が目の前と言わず後ろでもそこらじゅうで繰り広げられます。モンカゲに夢中になったトラウトは、我を忘れたかのように人間などおかまいなしにライズしまくります。阿寒湖の釣りでは、魚が近づいてくるとその気配を感じることができる。見事にキャッチした60cmオーバーのアメマスしかし、トラウトがモンカゲに夢中になってくれるまで、静かに待つことも重要です。アセってドカドカと不用意に立ち込み、釣りをはじめるとトラウトたちはよってきません。人のいない静かなポイントを探しましょう。


7月オススメの釣り
北海道ではめずらしい大ヤマメ
 7月中旬頃にもなると、阿寒湖でさえ水温が上がり、釣りにならなくなります。ここまで気温・水温が上昇してしまうと、人間のほうもバテてきますので、早朝かイブニングのひとときのみがチャンスとなります。日中は水温の安定している上流域での釣りがオススメです。そしてイブニングに本流へ移動し、イブニングライズを待ちかまえマス。
 ちょうどそのころ、海で栄養をたくわえ丸まると太ったアメマスが遡上しはじめます。はじめはウエット、ニンフ系の釣りですが、タイミングが合えばドライフライでも楽しめます。


8月オススメの釣り
北海道の夏は、夜8時すぎまでドライフライの釣りが楽しめる。でも慣れない川では、いろんな意味でキケンな香りがするので、ガイドフィッシングが必須
 8月中旬以降はひと雨ごとにアメマスの数が増えていき、朝夕はワイルドなビッグレインボー、日中は渓流のヤマメかネイティブなオショロコマか、本流の大アメマス狙いか、よりどりみどりの悩ましい大変楽しい時期になります。アメマスの遡上に混じってカラフトマス(ピンクサーモン)の姿も見えはじめ、ありがた迷惑な外道となります。一部を除き、河川でのサケ・マスは全面禁漁です。もし掛かっても出来るだけすみやかにリリースしてください。


9月オススメの釣り
スプリングクリークで一日のんびり釣り三昧
 個人的にはアメマス月と呼んでいます。河川の上流部を目指して遡上をはじめるアメマス。それもかなり巨大なものも見られます。タイミングと運が良ければ、80cmオーバーというチャンスもあります。
 いっぽう水生昆虫のハッチの状況も気候や水温が比較的安定しているせいか盛んになり、大型のレインボーがドライフライで狙えるチャンスもあります。暴れ回るレインボートラウトは、写真に残せない。記憶にだけ残るハッチの状況によっては、夕方面白い釣りができることが多く、特にオススメです。この夏休み後の人出が落ち着いたこの時期、ゆっくり落ち着いてのんびりと釣りをしたい方には最適です。ただし、不意にサケの姿を見るといつもドキドキしてしまうのは私だけではないでしょう。サケがほとんどの川で遡上するので、密漁者と間違えられないよう注意が必要です。


10月、11月オススメの釣り
アメマスの良さは純粋なる天然であること。ドライフライに出る姿は小さく見えても、意外に大きいのでアワセ切れに注意
 9月に引きつづき、アメマス狙いです。かなり長い期間あとからあとから遡上してくると思われ、至福のひとときを味わうことができます。
 湖でもドライフライからルースニングまで様々な釣り方で、思いおもいに楽しむことができます。狙いはビッグワン。氷が張るまで釣りができます。
 この頃にもなると渓流での釣りは、一時休止状態と考えています。産卵をジャマはしたくありませんし、この頃のキズだらけの魚はあまり見たくありません。


12月オススメの釣り
渓流で繊細なタックルで76cmのレインボートラウトが普通に釣れた冬の北海道
 実は12月こそビッグトラウトを狙うには最大のチャンスかも知れません。わたしの個人的なレコードは、ほとんどが11月と12月に集中しています。釣り方はサケの産卵場所付近で、イクラを物色しているトラウトを探し、完璧なるサイトフィッシングで、まるでハンティングをしているようです。ただし、うまく見つけることができるかどうかは幸運と体力しだいということになります。また、天候の具合によって、とても釣りなどできないような状況も多いので、オススメはできません。これは北海道に住んでいるからできる特権でしょうか。


1月、2月、3月

 一部の不凍湖や凍ってない河川でのストリーマーやウェットの釣りなら可能ですが、かなりの寒さで、大変に厳しいものとなるでしょう。
 湧き水の川では年中無休で釣りができますが、この冬の期間ぐらいはそっとしておいても良いのではないでしょうか。いまひとつわからないレインボートラウトの産卵時期のことが気になったり、産卵後のアメマスや産卵に関係のない稚魚にはあまり興味がわきません。



連絡先
フィッシング ガイド サービス:北海道ガイドツアーズ

代表:外山 明俊(とやま・あきとし)
〒088-3331 北海道 弟子屈町 美留和 4 6 5 - 3
携帯電話:0 9 0 - 9 4 3 3 - 7 4 7 7
留守番電話&FAX:0 1 5 - 4 8 2 - 1 8 7 6
メール:
*携帯電話は出られない場合や圏外にいることも多いです。ご了承ください。
お急ぎでない場合はメールフォームを利用していただくと間違いがありません。どうぞよろしくお願いします。

予約・問い合わせ・メッセージフォーム

メッセージ入力画面 > 送信内容の確認 > 送信完了
氏名:(必須)
フリガナ:
メールアドレス:(必須)
メールアドレス:
(確認のため再入力)
(必須)
年齢:
性別:
郵便番号:
住所:
電話番号:
問い合わせ項目:
(複数選択可)



問い合わせ内容:

  


| ガイドサービス | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokkaido.toyamarod.com/trackback/889568
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ