HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< 北海道の夏い暑(?) | main | 季節ハズレのひまわり >>
ツタンカーメンのえんどう(豌豆)
ツタンカーメンは紀元前14世紀、エジプト第18王朝のファラオで、即位後9年ほどで若くして突然亡くなりました。1922年、イギリスの考古学者ハワード・カーターにより発見されたツタンカーメン王の墳墓から、黄金のマスクなどとともにえんどう豆の種子も発掘されました。そのえんどう豆は、イギリスの研究機関の努力により発芽に成功し、アメリカを経て1956年に水戸に送られ、主に小学校や教育機関などを介して広まったそうです。

ツタンカーメンのえんどう豆のサヤ

ツタンカーメンのえんどう豆は、えんどう豆の原種ともいわれ、花は赤紫色、莢(さや)の色は紫で、初めて見る人には驚かれます。この紫色はポリフェノールが大変多く含まれている証のようなものです。お米とともに炊くと、はじめは普通の豆ご飯とかわりませんが、不思議なことにしばらくおいておくと、ポリフェノールが発色しだし、徐々に赤飯みたいに赤色に変化します。古代に思いを馳せつつ、ありがたく食すると感慨深いものがあります。

ツタンカーメンのえんどう豆、食べごろ?

育て方は、エジプト産ですが気候などをあまり気にすることはないようです。日の良く当たるところで、種まきは関東地方などの冬暖かい地域では11月中旬までに終える。種子は、ひと晩水に浸してからまく。肥料は食用なので、有機肥料を多めに、ときどき米のとぎ汁を与える。灌水は土の表面が乾いたらやるように心がける。ツル性なので巻き付くように支柱を立てる(私のところでは2メートル以上にまで伸びました)。専門書によれば、生育と結莢適温は15〜20度Cで、20度C以上になると花数は少なくなり、異常莢が発生するとのことです。栽培の要点は、11月中旬に有機質を含んだ肥えた土にまき、開花前の生育を旺盛にし、常に水やりに気をつけていれば良いようです。なお、土壌の酸度は、酸性には弱く、中性または微アルカリ性を好み、同一場所での連作は避けたほうが良いそうです。

ツタンカーメンのえんどう豆の花

当地(北海道・弟子屈町美留和)では、春、家の中でプランターに種まきをしましたが、育ちがあまり良くありませんでした。そこで5月中旬に大地に植え替えた途端ものすごい勢いで育ち、5月初旬に大地に直接種まきをしたものとともに、現在そろそろ収穫時期を迎えつつあります。北海道の場合いくら何でも凍り付いてはマズイんじゃないかという判断で、春まきにしましたが、どうやら冬を土の中で越さなくても良さそうな気はします。今度の冬は越冬栽培も試してみようかとは思っています。

食用にする場合は、莢が紫のうちに収穫します。食用にしない(種として収穫する)場合は、葉や茎が枯れるまで莢はとらないようにし、充分に日干ししてから紙袋などに入れて保管すると良いようです。

ツタンカーメンのえんどう豆と我が家

古代エジプト、ツタンカーメンのえんどう豆にロマンを感じ、栽培する人が増えてきたということです。横浜在住の私の親戚が、園芸教室の先生から譲り受けた5粒の種子を、丹精こめてベランダのプランター栽培で増やし、友人・知人、さらには雑誌読者にも配り、ツタンカーメンのえんどう豆を広める活動をしています。うちは3粒を譲り受け、1年目に120粒を収穫。それらはあまり食用にはせず、今年は約50粒ほどを播種。まだ収穫をはじめたところですが、およそ2000粒以上の収穫にはなりそうです。私も微力ながら、少しずつでも広めていこうという活動をするつもりです。古代エジプト・ツタンカーメンのえんどう豆に興味のある方はご一報ください。
| | 21:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
コメントいただきありがとうございました。

ツタンカーメンのえんどうに興味を持っていただいたとのこと、
連絡先をコメントに入れていただくか、当方のメールフォーム
http://toyamarod.com/form.html)で直接ご連絡をください。
コメントに連絡先を入れた場合は、
そのコメントは非公開にしますのでご安心ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
| 外山 明俊 | 2010/05/08 9:04 PM |
お初にお目に掛かります、大変素敵なブログを見させて戴きました、ふっとツタンカーメン王墓綾のエンドウ豆が気になり検索しておりましたら貴ブログを拝見させて貰うとことと相成りました、とても素敵なブログ構成に感心しております。
処で大変申し訳有りませんが是非、出来秋には私にも3粒ほどエンドウ豆をお分け戴けないでしょうか?〜〜
突然ぶしつけのお願いで申し訳有りません。
素敵なブログを見せて戴いてありがとうございました。
| sakuratomo | 2010/05/08 8:29 PM |
エンドウ豆の栽培のポイントは、まず、水やり、それから、植える間隔、それとツルが巻きつくための支柱です。水やりを忘れて枯らしてしまうケースが多いようですので、ご家族みんなに協力してもらって、古代ロマンの世界にみんなを引きずりこんじゃってください。タネは何かのついでの時に送ります。
| 外山明俊 | 2007/08/22 9:40 PM |
エジプトの歴史は大好きです! アメン・ヘテプ ラー ホルスの眼 色々と興味が尽きない事が一杯!!
是非、エンドウ豆欲しいです。  
| opt ohno | 2007/08/22 8:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokkaido.toyamarod.com/trackback/696369
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ