HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< ギョウジャニンニクの花 | main | ギョウジャニンニクの花が満開 >>
コンデジで月はどう撮る?
スーパームーン

フェイスブックを見ていたら、どうやら、きょうは月がキレイらしい。それじゃ、ちょっとやってみよう。というわけで、撮ってみた。ん〜、でもこれが安物コンパクトデジタルカメラの限界。何枚も撮った中で一番よく撮れたものがコレ。

逆に言うと安物コンデジでも創意工夫でここまでなら撮れる。撮り方に興味がある人なんていないでしょうけど、念のため。

天体望遠鏡なんて持ってないし、普通の双眼鏡でやってみる。まず三脚を用意。双眼鏡を三脚で月へ向ける。ちなみにカメラは手持ちで充分だし固定したら面倒くさくてやってられない。想像以上に月は早く動いてしまうので(動いているのは地球だけど)、こまめに双眼鏡の向きを微調整する。

あと想像している以上に月は明るいので、カメラの露出調整の限界を超えるかもしれない。マニュアルで設定できるようであればマニュアルで何枚か撮って設定をしてみる。うちの安物コンデジはマニュアル設定ができない完全オートプログラムのみ。露出調整だけではダメだったので、感度調整を固定してなんとかなった。

もうひとつやっかいなのがピント合わせ。このコツを掴んでしまえば、あとは簡単だった。ピントをまずどこかで合わせて半押しのままにしておき、双眼鏡のほうのピントを調整し、コンデジの液晶画面で確認しながらシャッターを切る。コレで、出来る。


 
| 写真 | 19:34 | - | - |

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ