HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< 下水道凍結対策 | main | 除雪日和 >>
心臓マッサージ

心臓マッサージ

年に2、3回は、目の前で、家の窓ガラスに激突して、気絶してしまう小鳥がいます。たいはんの小鳥は、ぶつかっても落ちることなく、ひるがえって去っていくことが多いようです。

たぶん、ぶつかって気絶したとしても、ほとんどは、すぐに正気を取り戻して自ら飛び去っていくものと思われます。しかし、その当たり方や角度とスピードの問題だと思いますが、残念ながら、そのまま死んでしまうものもいるでしょう。

真冬の寒い時期に、気絶したまま放置すれば、すぐにでも死んでしまうでしょう。今回の場合は、すぐに心臓マッサージをほどこし、少しだけ反応したように思われたので、玄関に入れ、段ボール箱の中で休ませることにしました。しばらくして、ガサガサ音がしていたので、外へ放し、事なきを得ました。

小鳥除けの策もあることはあるのですが、小鳥がまるっきり見えなくなってしまうのも寂しい気がします。

| 環境 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokkaido.toyamarod.com/trackback/1263424
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ