HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< 我が家の最低気温更新!! -30.9度C | main | クルマ内に張った霜 >>
バッテリーのひなたぼっこ
大容量のダブルバッテリー寒冷地対応仕様

バッテリーのひなたぼっこ。お日様のチカラでバッテリー回復中の図

大容量のダブルバッテリー寒冷地対応仕様なので、この程度の寒さならヘッチャラ、カト思いきや、エンジンが回りません。

バッテリーがいくら元気でもエンジンオイルが硬くなってる様子。昔あったエンジンオイルの宣伝でも「バナナでクギが打てます」みたいなのがありましたが、やはりエンジンオイルは重要だと思いました。

もう1台のジムニーには比較的高性能なエンジンオイルをおごっているので、いつもよりは多少長めのクランキングが必要ではありましたが、なんなく始動しました。

エンジンが始動しない際、バッテリーを弱めてしまわないように、セルモーターの回しすぎには注意したほうが良いと思います。始動しないのはバッテリーのせいではなく、もしかしたらエンジンオイルのせいかも知れません。寒さでバッテリーが弱るのはもちろんなのですが、セルの回しすぎでバッテリーを弱らせてしまっているということもあると思います。

うちの車の場合、排気ガスから判断して、着火してはしているものの回転が上がらない、アイドリングにまでは至らないという状況だったようで、何度かセルモーターを回していたら、本当にバッテリーが弱ってきてしまったのでした。

もう1台を近づけてブースターケーブルをつなぎ、再チャレンジするも、やはり状況は変わらず。しばらくお日様の熱エネルギーを浴びせつつ、エンジンオイルが溶けるのを待ちました。小1時間もひなたぼっこをさせていると、今までの苦労は何だったのかというぐらいあっさりと始動しました。

冬の北海道で−30度、青空駐車、ちょっと古めのバッテリー、旧車、安物エンジンオイルというような条件が揃ってしまうと、朝寝坊で素早い動き出しというのには無理があるようです。
| | 22:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
コメントありがとうございます。

しばらく更新していませんでした。
大変失礼しました。

特に意味もないのに更新するといった趣旨の
ブログではないので、どうぞながい目で温か
く見守っていただけたらと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
| 外山明俊 | 2010/03/22 4:43 PM |
更新してください
| | 2010/03/22 4:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokkaido.toyamarod.com/trackback/1254193
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ