HOKKAIDO Fly-Fishing Lab.
Fly-Fishing Photo Library
Fly-Fishing Essay
Fly-Fishing Guide Service
Canoe
blog
Update & Info
Link
Profile
Contact

 Access


SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
このブログについて
 北海道で釣りや屈斜路湖でカヌーを使ったツアーなどのガイドをしています。このブログでは、そんな北海道での生活で感じたこと、気になっていることなどを自由きままにつづっています。ガイドツアーの詳細や問い合わせは、こちらから。釣りやカヌーのことにかぎらず、北海道旅行についての相談もお気軽にどうぞ。
北海道ガイドツアーズ・外山明俊




<< 春の吹雪です | main | 通称、裏道 >>
ジムニー(JA11)の珍しい故障
うちのジムニー(JA11)が、久し振りに故障らしい故障です。よりにもよって非常に珍しい故障に遭遇しました。

インテークマニーホールドとスロットルボディの間にある、サージタンクに穴があきました。ターボで圧がかかるとけっこうな勢いでエアが吹き出すので、トラブルの個所を見付けるのは比較的容易です。しかし、トラブルの原因は、よっぽどジムニーに詳しい人でないとわからないかも知れません。ジムニーのエンジンをバラしたことのある人ならおぼえているかも知れませんが、まさかこんなところに穴があくなんて想像もしていませんでした。

何かのパーツが脱落したのかと思い、パーツカタログを穴があくほど探しましたが、見つかりません。当然パーツカタログに載っていないようなものが、サービスマニュアルにも載っているはずもありません。

ジムニー(JA11)のエンジンルーム

ジムニー(JA11)のサージタンク下部の穴

場所は肉眼では非常に見づらい位置。サージタンクの下側。鏡を当てて何とか確認できる。写真では、ほぼ中央の黒い穴に見える位置。もう少しアップで見ると、こんな感じ。

ジムニー(JA11)のサージタンク下部の穴のアップ

これを見てピンと来る人はかなりのツウでしょう。サージタンクにこんな穴があったとはね〜・・・。

穴の正体はメクラ蓋。何のためのものかは不明ですが、設計段階からの穴をメクラ蓋でふさいであったのです。そして今回のトラブルは、このメクラ蓋が何らかの要因で、腐食し、穴があいたのでした。古いメクラ蓋をはずし、新品のメクラ蓋をはめ込めば修理完了。ただし、古いメクラ蓋をはずすには、サージタンクを一度バラさなくてはならないようなので、手間は掛かります。

次の写真は、新品のメクラ蓋をはめ込んだ状態。ちょっとピンボケで失礼しました。

ジムニー(JA11)のサージタンク下部にあるメクラ蓋
| | 22:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
私の場合、修理そのものは、お願いしちゃいましたので、あまり詳しくはわからないのですが、修理工場に相談すれば専用のメクラ蓋があると思います。サイズさえ合っていて密閉できていれば問題ないので、工夫すれば何を使っても可能かも知れません。

ただし、パテはもしかすると、すき間が空いているかも知れませんので、ご注意ください。特に硬化時間の速いパテは硬化後やせてしまいやすいので、念のためご確認ください。

いま北海道は紅葉真っ盛りです。でも、来週には平地でも初雪が、なんていう予報も出ています。

一般的には釣りシーズンも終了のような感じですが、実はこれからが北海道では大物釣りのシーズンなんです。その年の記録に残る大物は決まって11月か12月に釣れています。もし、機会がありましたら、北海道の釣りを体験してみてください・・・。
| 外山 明俊 | 2010/10/21 9:11 PM |
丁寧なアドバイスありがとうございます。
なかなか、めずらいしい部分の故障だったのでどうしよう
かと悩んでいたのですが、助かりました。
とっても参考になりましたので、パテがだめになったらもう一度修理します。
ちなみに外山さんはメクラには何をお使いになられたのでしょうか。不都合がなければ、参考までに教えていただけたらうれしいです。よろしくお願いします。
今は、北海道はきれいなのでしょうね。
ニュージーランドに住んでいた時はフライや、ルアーフィッシングを楽しんでいたのですが、地元の広島に帰ってきてからは、瀬戸内海の海釣りしかしていないのでうらやましい限りです。
それでは、失礼します。
| そにぽん | 2010/10/21 1:32 PM |
質問、大歓迎です。

メクラ蓋は、サイズさえ合えば何でも良いみたいなので、修理工場なら何かしらあるのだと思います。ようは穴がふさがれば良いだけですので、何だったらボルト&ナットでも良いのかも知れません。

そんな訳なので、部品代としてはタダ同然のはずです。しかし、サージタンクを取り外したりという手間がかかるので、工賃はそれなりに覚悟が必要となります。

ご自身でサージタンクを外して、修理工場に持ち込めば、相当安あがりになるかも知れません。でも、そこまでご自身で出来るのであれば、自分でふさぐことも出来るでしょうけど。

こんな感じですが、少しでも参考になったら、私としても幸いです。
| 外山 明俊 | 2010/10/20 9:09 PM |
初めまして。突然のコメントで申し訳ありません。
素敵なブログですね。北海道の大自然は厳しさの中に優雅さがあってすばらしいですね。
話は変わりますが、質問があってコメントさせていただきました。
私も、ジムニーのJA11を所有していて、先日全く同じ症状に悩まされていたのでネットで調べていたところ、こちらのブログにたどり着きました。
同じ症状をブログにアップされていたので、本当に驚きました。
すごいですね!目が点になりました。
完璧に修理されているんですね。
私は、その穴にエポキシパテでメクラをしているのですが、いつまた再発するかと、びくびくしています。
行きつけの自動車工場ではサージタンク丸ごと交換で4〜5万(工賃込み)といわれたのですが、メクラのみでも部品としてでるものなのですか?
もしよければ、修理をしたいので部品番号などを教えていただけないでしょうか?
ぶしつけな質問で、申し訳ありませんが、コメントバックしていただければうれしいです。
それでは失礼いたします。
| そにぽん | 2010/10/20 12:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokkaido.toyamarod.com/trackback/1143299
トラックバック

Copyright (c) 2003-2015 Akitoshi TOYAMA All rights reserved. 管理者ページ